プロスピA 2 プロスピA 1 プロスピA プロスピA 3 プロスピA 5 プロスピA 4

プロスピA 12球団エース!先発Sランクの当たりは?評価・評判まとめ

遂に2016年シリーズ版の先発エース
Sランクで登場しましたね!


こういうイベントガチャを
個人的には待っていました。


前回?前々回?の新戦力ってのは
あまりにも微妙すぎたということは
声を大にしては言えませんw


で、


早速、評価や評判、
当たりは誰??
ということで
まとめていきたいと思います。

12球団エース先発Sランク一覧


プロスピA  エース 先発 Sランク 当たり 評価


まずは、いつもの様に一覧から見ていってみましょう。

名前 チーム 守備適正 コスト 球威 制球 スタミナ 特殊能力
武田翔太 ソフトバンク 先S 21 66 C 62 C 75 B 超:援護

奪三振
大谷翔平 日本ハム 先S 23 82 A 64 C 82 A 超:超豪速球

奪三振
涌井秀章 ロッテ 先S 23 74 B 70 B 81 A 超:打たれ強さ

ノビ
岸孝之 西武 先S 24 83 A 77 B 81 A 超:ノビ

コントロール
金子千尋 オリックス 先S 23 79 B 74 B 78 B 超:キレ

奪三振
則本昂大 楽天 先S 23 73 B 69 C 87 A 超:奪三振

コントロール
小川泰弘 ヤクルト 先S 23 73 B 76 B 77 B 超:援護

対ピンチ
菅野智之 巨人 先S 23 72 B 82 A 79 B 超:対ピンチ

コントロール
藤浪晋太郎 阪神 先S 22 81 A 57 D 85 A 超:奪三振

豪速球
黒田博樹 広島  先S  22 67 C 74 B 75 B 超:コントロール

援護
大野雄大 中日  先S  23 80 68 C 81 A 超:キレ

ノビ
久保康友 DeNA  先中S  22 66 C 71 B 77 B  超:コントロール

援護

こんな感じになっていますね。

Sponsored Link




Sponsored Link



12球団エース先発Sランク!当たりや評価!


いやぁ〜さすが各チームの
エースということで、
軒並みステータスが高い印象です。


では、早速評価などを見ていってみましょう。


評判でもそうですが、
人気が二極分化していて甲乙つけがたい
選手が2人いますね^^;


まずは、日本ハム・大谷選手


個人的には「ストレートはS評価でいいんじゃないの!?」
とも思うんですけどね^^;


まぁ、ただ、
全体的のステータスもそうですが、変化球の
評価もまずまずいいですね。


ただ、コントロールが若干微妙では
ありますが、自操作でもあまり
打たれる感じがないですね!
三振もよく取れますし。


そして、もう一人、人気なので西武・岸選手


岸選手は大谷選手より、
ステータス的にはいい
ですし、
変化球は球種こそ少なめですが、
全体的に高評価ですね。


岸選手と言えば”カーブ”という
イメージが個人的にはあるんですが、
そのカーブが評価が低いのが
若干、謎ですww


あと、特殊能力の「超:」がノビ
ってんが、残念な部分ですが、
まぁ、全体的には当たりな選手ですね!


どうやら、この2人が当たりで評判もいい選手みたいです。


今回のエースSランクだと
あとは結構意見も分かれていますし
なかなか判断が難しいところがあります^^;


まぁ、基本はチームを代表するエースなんで
誰がきても当たりだと思います^^;

個人的には、オリックス・金子選手
能力が下がってしまったことと、


巨人の菅野選手の能力は
もう少し高評価でもいいんじゃなかったんかな〜
っと思っているところです^^;


って、ことなんですが、
個人的には大谷選手狙いで
いこうと思います。
(ベター過ぎてサーセン^^;)

まとめ


エースのSランクが遂に登場しましたね!


最近はタイムスリップしまくってたので、
このまま、昭和の全盛期の選手で
チームが出来てしまうんではないかと
若干不安なところがありましたが、
現役エースがきて良かったです^^;


まぁ、


昭和の全盛期のエースと、
現役エースの投げ合い
ってのも
面白そうな気はしますけどね^^;


と、いうことで、
今回は、12球団エース先発Sランク選手の
当たりや評価・評判まとめ
ってことでした。


最後までご覧頂き、ありがとうございます♪

Sponsored Link




Sponsored Link



Sponsored Link




Sponsored Link



ドラフトスカウトに関してはこちら!





     

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ